レストランをうろつくネズミ

レストランをうろつくネズミ

ネズミが歓迎される身の回りの生き物かは別にして、身の回りにいることは確か。これはティルタ・エンプルという有名な聖地の中にあるレストランで見かけたネズミ。日本でレストランの中をネズミが走り回っていたら大変ですが、ここはバリ島はおおらかなもの。

実は下の方に見える赤と金色のもの、日本で言う神棚のようなもので、食べ物がお供えしてあるのです。それを知っていてネズミが失敬しに来る、というわけ。

リスの撮影に成功。でも…遠い

リス

借りている家の庭の向こうの木にはリスが沢山います。でも動きが早いし、枝の中を移動しているので撮影は非常に困難。

やっと一匹がヤシの葉の目立つ所に出てきてくれたのですかさず撮影。でも遠いし、逆光で色がつぶれてしまっていますね。

形を見る限りはタイワンリスのようなふわふわ尻尾のシマリスタイプではなく、ニホンリスのようにまっすぐの体としっぽを持つリスのようです。

野生のカピバラ

あれは長男が生まれる前でしたから、2001年のこと。南米のボリビアへ仕事で行きました。現地で連休があったので誘われて出かけたのが、ルレナバケというアマゾン川流域の小さな町を起点とするエコツーリズム。

川をボートで数時間遡って行くと、川岸に野生のカピバラが。日本でもポピュラーになって珍しい動物ではありませんし、日本で飼われているカピバラも野生のカピバラも見かけは違わないし…ではありますが。

野生のカピバラ実はポジフィルム(スライド用フィルム)で撮影したこの写真、以前購入したフィルムスキャナがWindows7で使えずに困っていたのが最近解決したので日の目を見ることになりました。

川の水面を走っているボートの上から木陰にいるカピバラを撮影したので、あまり良い写真にはなりませんでした。