カンボジアの蝶、さらに続き

現在泊っているホテルのとなりにButterfliesというカフェ・レストランがありました。ここはネットで覆われていて、その中に蝶が放し飼いになっています。蝶が舞う中で…と言うほど蝶の数は多くはありませんが、食事ができます。蛹が入った箱も置いてあり、どうやら食草を植えこんで、庭で蝶を育てているようです。

そこで撮影したカンボジアの蝶の数々。最期のだけは蛾ですが。

カンボジアの蝶

カンボジアの蝶

カンボジアの蝶

カンボジアの蝶

カンボジアの蝶

カンボジアの蛾

カンボジアのタガメ

アンコール遺跡を見物に来ているカンボジア。現在宿泊しているホテルの前の水たまりに、大きなタガメがいました。日本のタガメは飼育されているものしか見たことがないのですが、日本のものよりも一回り大きい気がします。ちなみに、カンボジアではタガメは食材です。

カンボジアのタガメ

カンボジアのアリ

カンボジアも熱帯らしく、多様なアリが生息しています。時々噛まれて「いててて…」ということもあります。

クバール・スピアン遺跡へ登る途中では、大量のアリが固まっているのをしばしば見かけました。結構大きなアリが集まっていると、ザワザワと音がするくらいです。

何に集まっているのだろう、と思っていましたが、写真を拡大してみたら、どうやら巣の移動なのか、蛹を運んでいるところのようでした。動画で撮った方が面白かったかもしれませんね。結構気色悪いですが。

カンボジアのアリ

カンボジアのけったいなバッタ

今日はクバール・スピアンという川沿いの遺跡へ。そこまでは駐車場から1500メートルほど、森林の中の山道を登ります。途中蝶も多く舞い、多くの昆虫も見られます。

その中の一つがこれ。やけに頭が大きくてバランスが悪いバッタ。翅が伸びきって付いているところを見ると、これで成虫なんでしょうね。

カンボジアのバッタ

カンボジアのグリーンスネーク

こちらは、アンコール遺跡の中でも少し距離が離れたバンテアイ・スレイ遺跡へ行った時のこと。見学を終わって遺跡の出口に向かって歩いていると、いきなり「ボタッ」という音。道の脇の木から何か落ちてきたと思ったら、いきなり目の前を1メートル以上あるきれいな緑色の蛇が横切りました。

慌ててカメラを構えましたが、グリーンスネークの動きは非常に素早く、頭の部分はすでに道の反対側の草むらに隠れてしまいました。

カンボジアのグリーンスネーク

カンボジアの蝶

カンボジアにも美しい蝶が数多く、先日はアンコール・トム遺跡の周辺で日本人らしいおじさんが、網を振り回して蝶を追いかけているのを見かけました。なかなか写真を撮る機会はありませんが、やっと二枚撮影。

カンボジアのセセリチョウ

遠目には色からシジミチョウの仲間かと思いましたが、近づいてみたら、どうやらセセリチョウの仲間のようですね。

カンボジアのマダラチョウの仲間

こちらは、マダラチョウの仲間のようです。翅を開くと光沢のある模様があって美しいのですが、撮影は失敗しました。