スジエビが産卵まぢか

昨年子どもたちととってきたスジエビ。いや、ひょっとしたら一昨年のスジエビの生き残りかもしれませんが、最近水面に出てくることが多くなりました。今までは餌をやった時くらいしか水面には上がって来ませんでしたから、ちょっと不思議。

そしてスジエビの中に2匹ほど、どうやら卵を抱いたものが。

抱卵するスジエビ

ヌマエビは何度か我が家で繁殖していますが、スジエビは今まで一度も観察していません。スジエビは海に下って繁殖する、と書いてある資料が多かったので再度調べてみたら、陸封型もいるとのこと。確かに、このスジエビをとってきた用水路も海から上がってこられるような所ではありませんし。

ただスジエビは肉食なので、子どもが生まれたら分けないと共食いしちゃうかなあ。

夏の終わりに子どもたちと用水路でスジエビとドジョウをゲット

今日は午後から次男と末娘と一緒に近くの用水路へ出かけて、去年作ったペットボトルの魚とり用罠を仕掛けました。去年はタモロコが沢山獲れたのですが、今年はスジエビだけ。

しかたがないので、浅い用水路のそこを泳いでいたドジョウを手ですくって来ました。成果はドジョウ一匹、スジエビ10匹。

ドジョウとスジエビ

やっている内に雲行きが怪しくなり、雨がパラパラと。「おい、雨が降りそうだから、帰ろう!」と声をかけているのに次男は「もう一回見て来る」と用水路の点検に。「早く来なさい!」と言っているのになかなか来ない。

そうこうしている内に土砂降りの雨。近くのマンションの駐輪場の屋根の下でしばし雨宿り。でもそこにたどり着くまでに結構濡れてしまいましたが。そう言えば、子どもの頃には夏の夕立でずぶぬれになった記憶が何度かあるなあ。