ドジョウのガイコツ

今日、金魚の鉢を5年ぶりくらいで水を全部あけて掃除しました。水をあけるために鉢を移動させたところ、鉢の脇からドジョウの骸骨が2体も。

ドジョウのガイコツ

以前この水槽にはドジョウも入っていましたが、知らぬ間にいなくなってしまったので、水槽の中で死んで、一緒に入れてあったスジエビが死骸を食べてしまったのかと思っていました。

でもそうではなく、少なくともこの2匹は水槽の外へ飛び出して、干からびて死んだに違いありません。他の流線形をした魚たちはたびたび水槽を飛び出して頓死しているのを見つけたことはありましたが、ドジョウが水槽を飛び出すとは思いませんでした。ひょっとすると、飛び出したのではなく、這い出したのかもしれませんが…ご注意を。

フナが金魚に?!

ベトナム・カンボジアの旅行から帰ってみると、生き物たちに変化が少々。まず、ヒメダカが一匹しか残っていません。今年10匹購入したものが、旅行前には確かに5匹に減っていましたが、今は一匹だけ。うーん。ヒメダカは弱いとは聞くけど、減り過ぎ。

次に、金魚の水槽に、クロメダカと、青白いメダカの稚魚が一匹ずつ発生。これはどうやら、父のところから貰って来たホテイアオイにメダカの卵が付いていた模様。父のところのメダカには、白いのが一匹混じっているそうなので、きっとその子どもたちでしょう。

ヌマエビが大発生。暑さにも負けず、ヌマエビは今までにない大繁殖状態で、一体何匹いることか。

そして最大のびっくりは、一匹のフナが黒い色が抜けて、黄色い金魚?!になってしまっていたこと。出かける前に既に「なんだか、部分的に色が抜けてきているなあ」とは思っていたのですが、帰って来て見てみたら、前身黄色。子どもたちは「金色の金魚になった!」と言っていますが。

下の写真で隣にいるのは、同じ時に用水路で採ってきた多分兄弟(いやフナは全部雌だから姉妹か)のフナ。フナのままですね。金魚化した一匹も、もちろん体のスタイルは金魚と言うよりもフナそのもの。

金色のフナ

メダカの引っ越し

メダカの水槽の水草が急激に増えて表面を覆うようになりました。水草を少し減らすことにしました。この水槽は、大人のメダカ用です。

大人の水槽子供のメダカが大きくなったので、先週の金曜日に大人の水槽に4匹引っ越しさせました。約1.5センチ位のものをスタッフの子供がすくってくれました。6月頃の朝はまだ動きが鈍かったのですが、この頃は朝から水面近くを泳いでいます。体長も大きくなったので、エサをやると食べる姿を見ることができるようになって、楽しみになりました。下は子供の水槽の写真です。
kodomono susou

エアーポンプを交換

来週からマダガスカルへ1ヶ月以上の出張予定。ちょっと気になっていたのが、金魚のいる鉢のエアーの出が悪くなっていること。エアーポンプは数年使うと中の部品が劣化して来るのは過去に経験済みなので、多分そのせいかと思います。出張中に全く使えなくなるとやばいので、急遽交換することに。

魚の鉢

左側は金魚(ランチュウ)とスジエビの入っている鉢。右側はヒメダカとスジシマドジョウが一匹、そしてヌマエビが入っている鉢。以前はエアーポンプから出てくる空気をエアーホースを途中で繋いで二つに分けていました。でも今日ホームセンターで、エアーの出口が二つ付いているエアーポンプを見つけたので、それぞれにホースを繋いでバッチリ。

これでしばらくは大丈夫でしょう。

ヒメダカの稚魚とヌマエビの仔エビ

ヒメダカの稚魚

今自宅ではヒメダカ、職場ではクロメダカを飼育しています。思いのほか大量に孵化して一回り大きな水槽に稚魚を入れ替えようと準備していました。すると、親の入っている水槽の中を小さな影が横切りました。

「あれ?親の水槽で孵化しちゃったのがいるかな?」と思って、網を手に追っかけると、あれあれ、水槽の壁を歩いて行きます。よく見ると、一緒に入れてあるヌマエビの子ども。知らない間にメダカだけでなく、ヌマエビも新たに発生していたのでした。

でもこれではメダカに食べられちゃうのではないかと思って見ていると、メダカが近づいてくると結構逃げるし、意外にメダカの目は上を向いているせいか、気がつきません。もちろん食べられてしまうものもいるのでしょうけど、多少は生き残っていくんだろうな、というのが実感。

水槽のフィルターを交換

5年くらい使っている60センチ水槽の上部フィルター。ポンプの調子が悪くなって来て、旧推力が落ち、何度掃除しても駄目。その他のプラスチック部品の汚れや傷みも目立つようになってきたので、思い切って丸ごと交換することにしました。

使っていたのは水槽を購入してきた時に付いてきた、【GEX】 デュアルクリーン 600SP 60cm水槽用上部フィルター、という商品。特段不都合はないし、水槽のサイズに合っていることもわかっていますから、同じものをインターネットで注文。子どもたちと一緒にとりつけました。

	 【GEX】 デュアルクリーン 600SP 60cm水槽用上部フィルター

組み立てている息子に「ちゃんと説明書を読めよ!」と言いながら気が付いたことが一つ。それは水中ポンプ部分の横に引いてあるライン。ずっと「最高水位線」だと思っていたのですが、今日見たら「最低水位線」。つまり、この線より上に水面がないといけない、ということ。

5年間ずっと、この線を水が超えてはいけない、と思い込んでいましたから、きっとその分ポンプに負荷がかかっていたんでしょうねえ。それが故障の原因になっている可能性は大。反省。

ヒメダカが産卵

2週間ほど前に買ってきたヒメダカ。我が家の水槽で飼っていました。今日ヒメダカの水槽に浮いている浮草が増えてきたので少し減らそうと思って手ですくい上げてみると…おや?

浮草の根にメダカの卵が付いています。探してみると、浮草だけでなく、マツモにもあちらこちらに卵が付いています。

メダカの卵

そこで水草と、若干の貝類だけ入れてある予備の水槽に卵を移しました。水草を全部移してしまうと産卵ができなくなってしまうので、まだ探せば卵はあると思いますが、残りはメダカ水槽に残しました。

カワヨシノボリかな?

カワヨシノボリ

長良川の支流、板取川の上流部で撮影したヨシノボリ類。ヨシノボリの仲間は結構みんなよく似ているので定かではないのですが、サーチして調べたところ、カワヨシノボリの写真と一番似ているように思います。でも確かではありません。

Pentax Optio を使っての水中撮影ですが、沢の水が冷たいせいもあると思いますが、カメラを水から出してみたら、レンズが内側からくもっています。くもりはすぐに消えましたが、ちょっとヤバいかも。アウトドア用のカメラと言っても、ハードに使っていると、寿命は短くなるようですね。

メダカが来ました

メダカ

会社にメダカが来ました。このメダカは日本の淡水魚の保護をされている方のところから頂いてきた、れっきとした濃尾平野の純血種だそうです。こちらでは、遺伝子の保全まで意識した飼育はできませんけど、そんな活動をしている方もいつか何かで紹介できたらなあ、と思います。