カンボジアのグリーンスネーク

こちらは、アンコール遺跡の中でも少し距離が離れたバンテアイ・スレイ遺跡へ行った時のこと。見学を終わって遺跡の出口に向かって歩いていると、いきなり「ボタッ」という音。道の脇の木から何か落ちてきたと思ったら、いきなり目の前を1メートル以上あるきれいな緑色の蛇が横切りました。

慌ててカメラを構えましたが、グリーンスネークの動きは非常に素早く、頭の部分はすでに道の反対側の草むらに隠れてしまいました。

カンボジアのグリーンスネーク

カンボジアのトッケイ

ホテルの壁に何かがくっついていると思って、カメラのレンズを通してみると、形からしてどうやら尻尾が切れたヤモリのよう。小さいけれど、とりあえず一枚ぱちり、と撮影しておいて、PCで画像を整理していた時に確認してみたら、これはトッケイですね。

カンボジアのトッケイ

ヤモリくらいの大きさですから、トッケイとしては赤ちゃんサイズ。大物も探してみるかな。でも、鳴き声は聞こえません。

マダガスカルのヤモリ

マダガスカルのヤモリ

マダガスカルで暮らしている家にい付いているヤモリ。一見サイズも色も日本のヤモリとよく似ていますが、窓枠の隅に追い詰めて写真を取ってみたところ、細かい斑点があってなかなか可愛いではないですか。またこのヤモリ、東南アジアのヤモリよりも、さらに小さな可愛い声で鳴きます。

バリ島の緑のトカゲ

 

バリ島の緑のトカゲ

男の子二人と Bird Walk Tour に参加した時に見かけた緑色のきれいなトカゲ。ガイドさんは「カメレオン」と言っていましたが、外見はちょっと似てはいますが、カメレオンではありませんね。

非常におとなしく、道の脇にいて写真を撮っていても全く逃げず、簡単につかまえられてしまいました。その辺りはちょっとカメレオンに似ているかも。

そして、ツアーの参加者の間をたらいまわし…と言っても、4、5人しかいませんでしたが。

バリ島の緑のトカゲ

サファリパークの野生のオオトカゲ

今日はバリ島のサファリパークへ行ってきました。僕はアフリカに長くいたので本物のサファリにも何度も行っており、インドネシアへ来てライオンを改めて見ても特に嬉しくはないのですが、子どもたちを連れて行くには良いところです。ただ、入場料3歳以上4千円に値するかどうかは、ちょっと疑問ですが。

インドネシアらしくコモドオオトカゲなどもいますが、飼われていない生き物が何気なくその辺にいたりもします。

パリ島のモニターリザード

これは80センチくらいのモニターリザード。モニターリザードという名前だけ知っていたので、あらためて調べてみたら、これはオオトカゲの総称で、特定の種の名前ではないそうです。ということで、正式な種名はわかりません。

コモドオオトカゲの写真はこれ。

コモドオオトカゲ