マダガスカルのXトンボ

今回のマダガスカル出張で見かけた生き物第二弾はトンボ。前にも何度かマダガスカルのトンボは紹介していますが、今回紹介するトンボは初出場。図鑑がないので同定はまったくできませんが。

マダガスカルのXトンボ

最初遠目に見た時には、これがトンボだとはわかりませんでした。遠くからは翅の黒いX型の模様だけが見えていて、しかもお尻の部分はぐっと下に下げています。翅の透明部分は細かい網目がありますが、ご覧のようにものすごく透明度が高いのです。

南半球のマダガスカルは現在冬で、結構冷え込みますが、トンボなどの昆虫が死ぬほどの寒さではありません。朝方は昆虫もじっとしていますが、日中日が差してくると動き始めます。