カブトムシが羽化

3月に板取で貰って来たカブトムシの幼虫。早い年には6月中に蛹から羽化してくるのですが、今年は7月1日に。2匹いましたが、2匹とも同日に羽化してくるのが自然の凄いところですね。

羽化して来たカブトムシ

残念ながら2匹とも雌。オスをどこかで貰ってこないといけませんね。

オーストラリアのカブトムシ

オーストラリアのケアンズ滞在中の今朝お出かけ前に、カブトムシを見つけました。今までも車につぶされたような死骸は見ていたのですが、生きているカブトムシは初めて。

オーストラリアのカブトムシ Rhinoceros Beetle

大きさは日本のカブトムシより若干小さめ。角は上の角がしっかりしていて、下の角が短くなっています。カブトムシの足が長く見えるのはカメラのポジションのせいで、実際には写真ほど長くは感じられません。

オーストラリアでは Rhinoceros Beetle (サイカブト)と呼ばれているもののようです。でも写真を頼りに調べてみたら、日本ではサイカブトではなく、ヒメカブトに分類される仲間のようです。

一緒に滞在している息子たちの友達(と虫好きのそのパパ)に見せてあげようと、捕まえてビニール袋に入れていたのですが、この日のツアーの途中で袋ごと行方不明になってしまいました。残念。

カブトムシが羽化

我が家ではここ数年カブトムシが繁殖しています。去年はメスが早く死んでしまったので繁殖ができていないと思っていたら幼虫がいつの間にやら土の中にいてびっくり。

そして冬を越し、例年だと6月末にサナギから羽化してカブトムシが出て来るのですが、今年は音沙汰なし。変だなあ、と思って今朝少し土をほじって見てみたら、羽化寸前のサナギの状態で死んでいるカブトムシが3匹。全部メスでした。6月から今年は猛暑が始まりましたから、そのせいで死んだのかもしれません。

いずれにしろ、今年は失敗だったなあと思い、外が涼しくなり始めた夕方、カブトムシを入れた容器から土を出して始末しようと思って蓋をあけると、あれれ?!カブトムシのメスが一匹動き回っているではありませんか。翅がまだ伸び切っていないところをみると、サナギから羽化してきたばかりの様子。今朝ほじったのが刺激になったのかどうか、その辺はわかりませんが、どうやら今年はメス一匹だけが羽化に成功したようです。

とりあえず去年の残りの昆虫ゼリーを入れておきましたが、どこかから雄を貰ってきて繁殖させるか、あるいはもう、このまま今年は見送るか、迷うところです。子どもたちは毎年楽しみにしていますが、メスのカブトムシだとやはりあまり興味をそそられない様子ですし。