マクロ撮影機能で飛ぶ蜜蜂を撮影

PENTAX WG-3GPSにカメラを買い替えた話は既に書きましたが、このカメラの強みの一つがこのようなマクロ撮影を行う時。

マクロ撮影

花の周りを飛んでいるミツバチを撮影したもの。「一眼レフ+マクロレンズ」という組み合わせも持っていますし、もちろんその方が写真の解像度は高いのですが、機動性ではPentaxのこのカメラに到底かないません。

現在WEBに掲載したり、ブログやFacebookに投稿したりが、写真のメインの使い方ですから、そうした用途であれば、高い解像度は必要がありません。それよりも、撮りたい時にぱっと撮れるのが重要。かと言って、スマホのカメラでは、生き物とかを撮るには役不足ですから、PENTAX WG-3GPSはうってつけ。

ちなみに、液晶画面の保護ガラスに子どもがひびを入れてしまった前の機種、Pentax Optio WG2の方は、子どもに使わせていたら、沖縄で海水に突っ込んでしまいましたが、無事でした。ガラスにひびが入っても、多少水に入れるくらいなら大丈夫の模様。修理のできない海外へ仕事で持って行く気は起きませんが。

マクロ撮影に強いデジカメ Pentax Optio を更新

現在マダガスカルに来ています。仕事ですから、観光地へ行く予定はまったくありませんが、屋外での仕事が主ですから、目についた生き物は撮影してやろう、とひそかに狙っています。

今回マダガスカルへ来る前にデジカメを更新しました。以前は Pentax Optio W90 というのを使っていましたが、今回はその後継の後継にあたる、Pentax Optio WG-1 という機種です。W90 は長年使っていたら、先日の沖縄旅行の時に内側から曇りが発生。どうやら何年か使っていたらプラスチック部品の防水性のが弱ってしまったようで、出張中に使えなくなったら困る、と買い換えました。

Optio のシリーズは防水・防塵機能が優れていて、屋外の仕事に使うのにもタフで良いのですが、もう一つ生き物好きにお勧めの機能がマクロ撮影です。被写体1センチまで近づける、そして6灯のLED補助光がレンズの周りに取り付けられています。マクロ撮影ではストロボをたいてもほとんど意味がないので、これはなかなか凄い機能。

WG-1にはGPSが付いた機種とついていない機種があります。GPSは必要ないと思ったのですが、本当は欲しかったボディ色グリーンのタイプはGPS付きしかなく、仕方なく黒にしました。

マダガスカルではインターネット接続状況が悪く、従量課金のモデムを使うしかないのであまり写真のアップはできないかもしれませんが、帰国したら機会を見て写真のアップを試みようと思っています。