木曽川で魚とり

5月15日に岐阜県の河川環境楽園自然発見館のイベントへ子どもたちと参加してきました。木曽川の支流でじゃぶじゃぶと水に入り、網で魚や昆虫などをとりました。他の参加ファミリーを圧倒した数と種類を捉えた我が家の成果を発表します。なお、とった魚はルールですべて川へ返されました。

DSC03653.JPG

写真左下の美しい魚はタイリクパラタナゴ。このイベントで採れるのは珍しいそうで、最初に頂いた採れる魚のリストにも入っていませんでした。上の2匹は外来種のブルーギル。中央下に向こう側を向いているのはヨシノボリです。死にかけて浮かんでいるのはこの辺りではシラハヤと呼んでいる、オイカワの小さなもの。

DSC03652.JPG

こちらの写真、底に沈んでいる馬面の魚はカマツカです。中央でごちゃごちゃと固まっているのはハグロトンボのヤゴとヌマエビです。