カンボジアのアリ

カンボジアも熱帯らしく、多様なアリが生息しています。時々噛まれて「いててて…」ということもあります。

クバール・スピアン遺跡へ登る途中では、大量のアリが固まっているのをしばしば見かけました。結構大きなアリが集まっていると、ザワザワと音がするくらいです。

何に集まっているのだろう、と思っていましたが、写真を拡大してみたら、どうやら巣の移動なのか、蛹を運んでいるところのようでした。動画で撮った方が面白かったかもしれませんね。結構気色悪いですが。

カンボジアのアリ

ケアンズの家の緑色のアリ

ケアンズに滞在中に借りた家。この家には裏庭があり、芝生と数本の木があります。またとなりの家の木も枝を張っていて、鳥や虫などの生き物も結構やって来るようです。

今日木の幹を観察していて見つけたのがこの緑色のアリ。

ケアンズのアリ

このアリ、多分おなかに蜜を貯めるタイプではないかと思うのですが、おなか部分が薄い緑色で半透明。動きが速くてなかなか撮影できなかったのですが、なぜか一匹だけ枝の下で休んでいる?ものを見つけて撮影成功。

でもうっかりしてアリの通り道に足を置いていたようで、一匹に足を登られて噛まれてしまいました。熱帯のアリの中には噛むと同時に蟻酸を注入して非常に痛い種類もいるのですが、このアリの痛さは噛まれた時だけのようでした。