アカハライモリを捕まえた

板取に出かけ、温泉に向かって歩いているところ、道の山側の側溝に水が流れていました。男の子たちが「あ!ミズスマシ!」とか騒いでいるので「ミズスマシは珍しくないでしょう」などと言いながら付き合っていると、ふと、水中を黒い影が横切った!

速攻で水に手を突っ込み、掴んでみると、アカハライモリ。

アカハライモリ

もう夕方でしかも小雨がぱらつく天気だったのでぶれてしまいました。

野生のイモリを捕まえたのは僕も初めて。水族館の水槽でしかイモリを見たことがなかった子どもたちも大喜び。ひっくり返してお腹が赤いのを確かめていました。

男の子たちは持ち帰りたそうだったけど、さすがに今は生き物が増えてしまっているので「何を食べるかわからないから逃がしてあげよう」と逃がしました。でも、持ち帰って自分たちで餌を調べさせて飼わせた方が良かったかなあ。