カブトムシが羽化

我が家ではここ数年カブトムシが繁殖しています。去年はメスが早く死んでしまったので繁殖ができていないと思っていたら幼虫がいつの間にやら土の中にいてびっくり。

そして冬を越し、例年だと6月末にサナギから羽化してカブトムシが出て来るのですが、今年は音沙汰なし。変だなあ、と思って今朝少し土をほじって見てみたら、羽化寸前のサナギの状態で死んでいるカブトムシが3匹。全部メスでした。6月から今年は猛暑が始まりましたから、そのせいで死んだのかもしれません。

いずれにしろ、今年は失敗だったなあと思い、外が涼しくなり始めた夕方、カブトムシを入れた容器から土を出して始末しようと思って蓋をあけると、あれれ?!カブトムシのメスが一匹動き回っているではありませんか。翅がまだ伸び切っていないところをみると、サナギから羽化してきたばかりの様子。今朝ほじったのが刺激になったのかどうか、その辺はわかりませんが、どうやら今年はメス一匹だけが羽化に成功したようです。

とりあえず去年の残りの昆虫ゼリーを入れておきましたが、どこかから雄を貰ってきて繁殖させるか、あるいはもう、このまま今年は見送るか、迷うところです。子どもたちは毎年楽しみにしていますが、メスのカブトムシだとやはりあまり興味をそそられない様子ですし。

「カブトムシが羽化」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。