巨大化した和金

我が家には和金が一匹います。これは息子たちが東京にある女房の実家に遊びに行った時、どこかの公園で釣りをしていたおじさんから貰ったもの。当時は小さく、ペットボトルに入れられて我が家にやってきました。同じサイズの黒いフナ一匹と共に。

それから2年。結構生き延びたとも思うのですが、同僚の鮒を差し置いてこの和金だけがすくすく育ち、いまじゃ体調20センチ近く。知らない人が見ると、「これコイですか?」なんて言われてしまいます。

和金金魚としては、言わば駄金ですが、数年一緒にいれば結構愛着も湧いてきます。

我が家には3年目に入ったドジョウもいるのですが、その内に紹介しましょう。今はまだ水槽の石の下に潜り込んで寝ていますので。