設楽キャンプ場でサワガニとり

週末設楽オートキャンプ場に家族で出かけました。そこの脇を流れている小さな谷川。これはと思って探ってみると…

サワガニ

いました。サワガニが。早速男の子たちに声をかけ、サワガニとりに興じます。近ごろでは、僕らが住んでいる土地でも小動物を捕まえる機会が減って来ているので、子どもたちには良い機会です。

IMGP0197.JPG

僕は魚も手ですくいましたが、こちらは稚魚のようですし、持ち帰っても育てる自信がないので逃がしてやりました。何の稚魚かはわかりません。

持ち帰ったサワガニは、以前カブトムシが入っていて今は空いていた生き物を飼う容器を洗って石や木、そして水を入れてやりました。

IMGP0253.JPG

以前にもサワガニを飼ったことはあるのですが、その時は屋外においておいたら7月の暑さで茹でガニになってしまいました。その経験から、水は深めにして水温の変化を抑えるためと隠れ家を作るために石を多めに投入。屋内に置いています。

子どもたちはしきりに気にしていますが、さていつまで続くことやら。ヤゴの時のようにもっぱらパパが餌取りをしなくてはいけなくなるかな。

「設楽キャンプ場でサワガニとり」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。