オーストラリアのカブトムシ

オーストラリアのケアンズ滞在中の今朝お出かけ前に、カブトムシを見つけました。今までも車につぶされたような死骸は見ていたのですが、生きているカブトムシは初めて。

オーストラリアのカブトムシ Rhinoceros Beetle

大きさは日本のカブトムシより若干小さめ。角は上の角がしっかりしていて、下の角が短くなっています。カブトムシの足が長く見えるのはカメラのポジションのせいで、実際には写真ほど長くは感じられません。

オーストラリアでは Rhinoceros Beetle (サイカブト)と呼ばれているもののようです。でも写真を頼りに調べてみたら、日本ではサイカブトではなく、ヒメカブトに分類される仲間のようです。

一緒に滞在している息子たちの友達(と虫好きのそのパパ)に見せてあげようと、捕まえてビニール袋に入れていたのですが、この日のツアーの途中で袋ごと行方不明になってしまいました。残念。

「オーストラリアのカブトムシ」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。